イラストは「十五夜」さんの作品です。







冬はつとめて。

雪の降りたるはいふべきにもあらず、

霜のいとしろきも、またさらでもいと寒きに、

火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。

昼になりて、ぬるくゆるびてもていけば、

火桶に火もしろき灰がちになりてわろし。




冬は早朝があはれふかい。

雪の降っているときの面白さはいうまでもない。

霜などがたいへん白く

またそうでなくても、 非常に寒い朝、

火などをいそいでおこして炭火を持ってゆくなど

冬の情感にぴったりである。

もっとも、昼になって、寒さが やわらいでくると、

火鉢の火も白く、灰がちになっている

などと いうのはつまらないけれど。


* 清少納言 枕草子冒頭より部分抜粋 *


2009年01月16日

FromEruze Mint.mamu







top…